火の鳥FC Liveリポート

大会や練習会での活動内容をLiveで発信していきます

17日午前中、ホームでの練習試合がありました。
少し早めに集合してもらい、みんなでコートづくりも手伝ってもらいました。
線を引きながら「ペナルティーアーク」って何のためにあるんだろう?
センターサークルでどうやって線を引くんだろう?
普段あまり気にしたことのない、コートにまつわる”何故・なぜ?”が、少しは理解できたと思います。

さて、試合の方はと言いますと、
今回、対戦いただいたチームは南陽台FCさんです。
今まで5年生は対戦したことがなかった?ようです。
20分を6回まわすカタチで試合しました。
相手チームはフォーメーションを変えたりして、自分たちの現時点での成果や課題出しを行っていたようです。
火の鳥5も、ここ数ヶ月の課題を意識しながら挑んでいきました。
結果は、次の通り
①1-2
②1-2
③1-3
④0-1
⑤0-1
⑥0-2

内容についてですが、一言でいうと、まだ不十分。
でも、
前日の多摩チャンでもそうでしたが、意識は持ててきたと思っています。

・声も少しずつ出すようにしていること。
・パスを通そうとしていること。
・相手のマークや先読みでスペースを埋めていくこと。

試合内容を見ていて、それらを意識しながらも、まだまだである原因として、パスを出す方よりも、受ける側のポジショニングが悪いことが挙げられます。
パスを出す側が見て、出しづらいところに立っているのです。
相手のマークを外したり、パスコースが確保できるところへ移動する動きがないのです。
それは、皆がボールにつられて動くので相手の陰になってパスを出すところが無いように思います。
何人かは、少し気づいて行動していますが、皆が意識しないとパス回しが厳しくなって、結局は、苦し紛れのボール蹴りになってしまいます。

一番の代表例ですが、
スローインのとき、マイボールに出来ていますか?
出来てないですよね!
ボールもらう側が、その場で立ちぼうけていては、スローインする方の選手は投げるところがありません。
だから、苦し紛れにボールを投げてしまい、相手にボールを取られてしまうのです。

それから、ボールにかかわっていない選手の役割が足りません。
相手の動きをブロック(妨害)したりすることで、仲間のボールさばきが焦らずに落ち着いてできるようになっていくことも意識しましょう。
パスミスやトラップミスが多いのは困りものですが、そのミスを起こす原因として相手からの「プレッシャー」だったりしますよね?
だから、その「プレッシャー」を受けないように周りがサポートしてあげることも大切なプレーに関わる動きです。
ラグビーほどではありませんが、サッカーでも認められている身体の当て方がありますし、身体を当てなくても動きを阻止することはルール上、良いのですから・・・。

最後に、そのようなプレーを出すためには、「強い気持ち=勝ちたい! 負けたくない!」、そんな「ミスをしても取り返してやろう!」というプレーが必要です。
「ミスしちゃった」で、そのあとのフォローもせず、必死に走らないような無責任なプレーでは勝ちの女神はやってきません。
このようなプレーをいつもしているのは、まだ数名ですが、少しずつ、そういう選手が増えてきています。

小学生高学年で一番変化を求められるのが5年生だったりします。
いろいろ考え、新しいことにチャレンジして、どんどん成長していきましょう!
いつもいつも、今までの考え方、プレースタイルだけでいると、ほかのチームとの差が広がっていきます。

『自分たちを変える』
そんなチャレンジャーでいてください。

対TKスペラーデ
1-3(しんのすけ)

けいご、まお、はるとが凄く良かったです。
全体的には動きは重くボールも足につかない感じ。
いつも同じ意識で試合が出来る様に準備しましょう。

IMG_1218

6年生市民大会

vsリトルウイング
0ー2
0ー2

前半は互角以上の内容で惜しいチャンスが何度もありましたが得点ならず。
不運な失点からは相手のペースになり失速。
最後は後悔のないよう選手全員で楽しんで戦いましたが残念ながら準々決勝で敗退。
6年生の最後の公式戦が終りました…

 2年生久しぶりの試合楽しかったです。たくさん試合して試合からたくさん学べたらいいなと思いますー
 今までは、マイボールになったらそのボールみんなで追いかけるサッカーをしていましたが、今後は、広がってパスを受けたり、おとりになったりする動きが必要になります。少しずつですがマイボールになった時に周りでの動きがみんな変わってきました。いまは、移行期間なんで、戸惑うことうまくいかないこと、多いですが、呼ぶ声、受ける声、周りを見ること重要になります。どんどん、顔上げてプレーして声出してサッカーして行こう⚽️

八王子七小 火の鳥 A 1-1 けいじ

ゴロアーズ 火の鳥 B 0-0

火の鳥 八王子七小 B 1-0 みずほ

火の鳥 ゴロアーズ A 2-1 けいじ ひろき

八王子七小 火の鳥 A 2-1 しんや

ゴロアーズ 火の鳥 B 0-4 りょうせい じゅん ゆうひ けいじ

火の鳥 八王子七小 B 1-0 そうた

火の鳥 ゴロにアーズ A 2-0 じゅん じゅんIMG_7228

IMG_7229
IMG_7230
IMG_7234
IMG_7233
IMG_7232
IMG_7231
IMG_7235
IMG_7236
IMG_7237
IMG_7238
IMG_7242
IMG_7241
IMG_7240
IMG_7239
IMG_7243
IMG_7244
IMG_7245
IMG_7246

多摩チャンも今回が最終節となりました。
一言でいうと、周りのチームが前期より成長しているのが判ってきました。
(いろいろ他にもありますが、)技術的な面よりも、『気持ちの持ち方』で少しずつですが、差が出てきています。

今日の結果は以下の通りです。
vs SEISEKI 0-1
vs 多摩SC 1-1

明日の練習試合で修正できるかな?


IMG_2858
IMG_2859
IMG_2860
IMG_2861
IMG_2862
IMG_2863
IMG_2864

最近、5年生には『自分たちで戦い方を考えさせる』ようにしてます。
なるべく、ベンチから指示しないように・・・
そのためにも、一人ひとりが、試合中の『声』や、ふり返りでの『意見』を出すことが大切になってきます。



多摩第1小学校に12時45分集合
13:40 vs FC SEISEKI
14:30 vs 多摩SC

多摩第一小会場の注意事項については、以下のとおりです。
○入校時間について
12:45以降
○車両について
各チーム3台まで ※コーチで2台使用します。
駐車票の提示をお願いします。
河川敷沿いのバリケードを移動して駐車をお願いします。
お帰りの際はバリケードを元に戻して下さい。
近隣の野球場・公園への駐車は厳禁です。
〇その他
・グラウンド横のトイレを使用してください。校舎内、体育館は使用禁止です。
・当グラウンドに芝生エリアがありますが、スパイクでの使用が禁止されています。
アップや待っている選手が使用する際は、トレーニングシューズに履き替えて使用してください。
・校舎(階段、壁を含む)に向かってのボール蹴りは学校より禁止とされております。
・グラウンド外のピオトープ、及びヤギ柵内への立ち入りは禁止とされております。
・多摩市条例により公共施設周辺・路上喫煙は禁止となりました。

ご理解、ご協力、よろしくお願いいたします。

17日、ホーム(豊田小)で練習試合をおこないます。

745分集合。

ユニホームは、サブ(練習着:グレー)を着用ください。

設営の準備の協力をお願いします。

対戦相手は、南陽台FCさんです。

9時~11時半まで201本で試合を回していきます。

12時には撤収完了となります。


191114001

※今回の練習試合は、文字通り「練習」の意味が高いです。

ただ、試合に出るのではなく、今の自分たちの課題を認識して、変えていくつもりで、チャレンジしてください。

11月17日(日)
北川原 12時45分集合

sakamama

連絡事項は次のとおりです。
 グランド設営全チームで実施 1245分本部集合(2名以上)
 駐車場所は、北川原グラウンドのアスファルト部分(野原ではありません)
 駐車場当番 4チームしかいないのと、ほぼ同時に来場予定のため付けませんので
  子供達を安全に誘導してください。
駐車場当番の指定はありませんが、会場設営がありますのでよろしくお願いいたします。

ここ最近のチームの課題を認識した上で挑んだ多摩チャン。
「声」と「3つの役割」
出来たところと、まだ足りないところ・・・。

1試合目は入りもよく、集中して自分たちの課題を意識してプレーしていました。
2試合目までの時間が開く中、自分たちで調整しながら挑んだ2試合目。
(言い訳はあるにしても、)マイナス面が露骨になった内容でした。
多摩チャンは15分ハーフであることもアドバイスしましたが、その通りの結果に・・・。
数的有利も活かせず、焦るプレーで終始。

「今日の負け」が次へと繋げられれば、この後の試合へ良い流れをつくり出すことが出来ると思います。
しっかり各自で試合を振り返って、自分の成長への踏み台にしていって欲しいです。

今日の結果は次の通りです。
 vs TKスペラーレ 3-1
 vs 聖ヶ丘SC 0-1

「one Team」
仲間を信頼(例えば、パスやマーク)して、プレーすることが必要です。
一方で、信頼されて(ボールを、マークを)託された人は、(もし、)失敗してもリカバリーする姿勢が信頼につながります。
それぞれが、今できるベストを尽くしましょう!

最後に、声出しに関してですが、
1試合目のスタメン選手は、フィールド内も声がで初めており、また、2試合目前半でのベンチからもフィールド選手に対しての声が出てました。(この辺はよかったと思います)
試合開始時、終了時のフィールド選手とベンチ選手との一体感はこれからも意識して改善していきたいです。
声が出てこない選手は、(改善を促す意味で)試合への出場機会(時間)が減るかもしれませんよ!


MVIMG_20191110_081745
IMG_20191110_091011
IMG_20191110_091109
IMG_20191110_091132
MVIMG_20191110_091135
MVIMG_20191110_091139
MVIMG_20191110_091143
MVIMG_20191110_091145
IMG_20191110_112124
IMG_20191110_112128
IMG_20191110_112137
IMG_20191110_121900

このページのトップヘ