火の鳥FC Liveリポート

大会や練習会での活動内容をLiveで発信していきます

2010年09月

夏合宿 「東京ガス ジュニアサッカーフェスティバル」の写真が「スポーツ写真サイト オールスポーツコミュニティ」でアップされています。

関係者にはメールでパスワードが案内されていますので閲覧してください。

石倉コーチも言っていますが、実にみんなカッコいいです!(その姿は誇りに思います)

そして、

夏休みの朝練のご褒美を準備しました。

皆勤賞のみんなにプレゼントがあります。

たのしみにしてください。

中村俊輔の集中力の出し方・・・

 中村俊輔は高校生のころからサッカーに関する考えを整理するために『サッカーノート』をつけてきた。自分が目指すプレーや、試合の反省を書き出している。

 これを「広く内的な集中力」と言う。

 「広く内的な集中力」は、自分が抱えている問題を分析したり、練習メニューを考えたりする時に必要なこと。

 中村俊輔は、「言葉による記録」で気持ちを整理している。高い精度で入念なシミュレーションを行う必要があるから、様々なデータや経験などを、紙に書いて記録する習慣をつけて集中力を高めている。

チーム団結力の「おまじない」

W杯南ア大会でのサッカー日本代表の“肩組み効果”は絶大だった・・・

 サッカー日本代表メンバーがW杯で肩を組んだことには、侮れない効果があった。

 2010年サッカーワールドカップで日本代表は2大会ぶりに決勝トーナメントに進出した。予選リーグ初戦のカメルーン戦で国歌斉唱時、日本代表メンバーが肩を組んでいたのを覚えているだろうか? それまでの「サムライブルー」は各人がそれぞれの想いでその場に立っていた。今までは見られなかった光景だったが、闘莉王が言い出して、やり始めたと言われている。ベンチでも控えの選手たちが肩を組んでいたのが印象的だった。

 チームの団結力は、メンバーがお互い心を開くことによってしか生まれない。スキンシップの効果は昔からよく言われており、言葉よりも何倍も強い効果がある。

 「肩を組む」と言うたったこれだけのことに、侮れないおまじない効果があったと言えるだろう・・・。

火の鳥もまずは、市民大会に向けて意識してみては?

最近、試合などを見ていて気になったので、もう一度、見つめ直してみよう。
1.ルールを正確に理解して、それを守る
フェアプレーの基本は、「ルール」をしっかりと知った上で、それを守ろうと努力することである。 
2.ルールの精神は「安全」・「公平」・「喜び」
ルールは、自分も他人もけがをしないで安全にプレーできること、両チーム、選手に公平であること、みんなが楽しくプレーできることを意図して作られている。
3.レフェリーに敬意を払う
審判は両チームがルールに従って公平に競技ができるために頼んだ人である。人間である以上ミスもするだろうが、最終判断を任せた人なのだから、審判を信頼し、その判断を尊重しなければならない。  たとえ不利益があっても、それを跳ね返せるチームになろう。
4.相手に敬意を払う
相手チームの選手は「敵」ではない。サッカーを楽しむ大切な「仲間」である。その仲間に怪我をさせるようなプレーや報復行為は、絶対にしてはならないことである。
特に3項、4項には気を付けたい。

杉本コーチからの報告・・・

本日、多摩川グランドで行われた4年生の練習試合の結果です。

グループリーグ、1勝1敗で2位となり3位決定戦へ。

3位決定戦で平山に4-3で勝利、トータル3位でした。

本日のテーマは(声を出してボールを繋ぐ)でした。

それが出来た1試合目と3試合目に勝てた事で、その重要性が少しは認識出来たと思います。

だんだんサッカーらしくなって来ています。

このページのトップヘ