火の鳥FC Liveリポート

大会や練習会での活動内容をLiveで発信していきます

2016年05月

ブルーチームの試合後記・・・

試合結果は報告のとおり、全敗でした。(残念!)

朝、集合時のミーティングで、今日の試合についての意気込みを確認しました。
試合に出るからには『勝ちたい!』との、みんなの反応・・・。

『勝ちたいなら、その気持ちをプレーの中で、全員で出さないとダメだよ』とアドバイスしました。

今日の試合の流れは、
コーチたちは、試合と審判を交互に対応する必要があり、試合間のミーティングを行うことが出来ないため、リーダーを決めて、そのリーダーシップのもと、試合の反省やフォーメーション決めなど、選手たちにゲームマネジメントを進めてもらいました。

まだ、小学校4年生ですから、おとなの目線で考えると、物足りない面もあるかもしれませんが、全3試合を自分たちでまとめてくれました。
この部分については、任せてみて、この子たちの成長を見た気がします。

さて、試合でのそれぞれのプレーですが、ほめてあげたいことも、たくさんありました。
これからも練習を重ねてレベルアップしなくてはならないこともありました。
特にディフェンスに関しては、『全員で一生懸命に走って守る』ことを徹底したいです。
あきらめてしまった時点で、試合は決定的になってしまいます。
球ぎわの扱いが上手くいかなくても、走って、フォローしてほしいですね。

今日の3試合目は、その辺を少し分かってくれて、『走って』試合の流れが変わっていったことを、みんなで感じとれたのではないでしょうか?

『止まったプレーには、先がない』ことを、今日の試合で感じてくれたら、今日の成果です。

お疲れさまでした。

b8bf43a0.jpg

9cdc7566.jpg

1050406f.jpg

d685aa92.jpg

dd548450.jpg

レッドチーム

vs リトルウィング カルダス
9-0 勝ち
(しゅり5、けいたろう2、ぜん1、?1)

vs 拝一ウイングス
3-2 勝ち
(ぜん2、しゅり1)

日頃の練習で意識して取り組んでいるプレーも多々見られ、早い判断でつなぐプレーが見られました。
今日は選手それぞれ活躍して良いプレーが随所に見られました。
その中でも今日は、味方キーパーが抜かれた後、決定的なシーンで相手シュートコースに入り失点を防いでくれた、りゅうのすけが火の鳥MVPです。
あの一つのプレーにより試合が決まりました。
そのプレーがなければ相手の勢いがつき、負けていたかも知れません。
それくらいの気迫溢れるプレーでした。
そのプレーだけでなく試合中の一つ一つのプレーはとても大事で、その積み重ねが結果となります。
ボールを持っていない選手もいろんな事を予測、想定しチーム力を高めていきましょう。
お疲れさまでした。

このページのトップヘ