宮武駿 21歳。 フットボールコーチ。

子どもの頃からサッカーを始めたが、高校時代の怪我により本格的なプレーを断念。
日本大学入学以来、日本のスポーツ教育について真剣に考えるようになった。

真のスポーツ教育を日本に定着させることが、彼の目標。
そのためには勝利至上主義を脱し、スポーツを心から楽しむことが大切だと考える。
その手始めとしてスポーツスクールを構想。



そこに楽しさがなければ、伸びにも限界がある・・・