<大会後記>
今日は難しい試合運びでした。
今年の火の鳥4年生チームは、歴代の『火の鳥チーム』でも粒揃いのメンバーと自負していましたが、いざ対戦してみると弱点が見えてきました。
個人の能力はそこそこあるけど、チーム力が足りない。
相手チームはフィジカル面、テクニカル面、メンタル面のバランスの良いチームばかり。(普段から鍛えられていますね!)

最初の試合は、大事な試合・・・
選手もその意識は高く、チームベストメンバーで挑みましたが、なかなか自分たちのプレーをさせてくれません。
火の鳥メンバーも負けてはいませんでしたが、相手チームの次の動きを予測した動き出しの速さと必ず2人が対峙する囲みが優れていました。パスも力強く正確です。
火の鳥は、(相手チームより、)コンマ数秒の反応する動きの遅さとパスの雑さが致命的となって、相手ゴールを割ることが出来ませんでした。

2試合目、絶対に落とせない試合・・・
やはり、火の鳥とは違うタイプのチーム。攻めてながらも決定打が無い中、火の鳥がペナルティエリアのちょい左外側からのフリーキックをモノにして先制。その後も攻守が、それぞれチームの一進一退が続きながらも集中力を切らすことなく、火の鳥が何とか勝利を手にして、残すは相手チーム同士の結果待ち。

リーグ戦2位をキープ。2位同士の戦いで3位決定戦を挑むこととなる・・・
実は、この時点で、今日まだ出場していない選手が数名いる。
一般的に楽勝パターンなら、選手を頻繁に入れ替え可能だが、勝利と選手交代の狭間では難しいマネジメントが要求される。
でも、『何とか全員参加でチームとしての結果を出したい!』と今日は思っていたので、フォーメーションを熟慮した。
(この4年生メンバーの「心技体」を自分なりに把握していたので、)順位決定戦では、それぞれの選手が最大限に発揮してくれることを期待して、メンバー選出した。
相手チーム力は、その前の戦いでシミュレーションしておいたので、選手への指示はシンプルにした。
「パスは(ミスパスでも)大きめに縦に出すこと」、「相手との球際では2人でいくこと」を徹底して、それができるメンバーで最後の試合を挑んだ。
結果は、「シュートすべき選手」、「アシストすべき選手」、「絶対防衛線を守る選手」たちが上手く連携してくれた。

素晴らしい!
ナイスプレー!!

今回、各選手へは均等にゲームへの出場機会が無かったかもしれないが、それはコーチの反省です。

君たちを練習段階から、そのレベルに持ち上げていく指導をしていかなくてはなりません。(コーチの責務)

その代わり、選手は練習に積極的に参加してほしい。(選手の義務)

その結果が大会での結果です。

c4ce5f17