子どもたちのために。
彼らの将来のために。
「指導者であることはそれだけで喜びだ」
サッカーを通じて子どもたちと関われる、彼らの成長を間近で見られる。
感謝でしかないではないか。
だから、
指導現場に立てるということは、自分のためでもあるという思いを忘れてもいけない。
彼らの喜びが何よりという思いの底にあるのは、成長過程の真ん中で選手と一緒にすばらしい体験をすることができるからで、それは他の何かと比べ物にならないほどかけがえのない輝きがあるからだ。
その心の声に嘘をついてはいけない。
でも、その指導者のチームは、まばゆい光を放っている。