八王子 上壱分方小学校でのIリーグに参戦してきました。

Iリーグは育成(IKUSEI)リーグの略名ですが、参加チームのレベルは高く、現時点で「火の鳥5年チーム」は、このリーグでは自分たちのトップレベルでの力を試される試合となっております。
ある意味、その観点では試合の度に育成(経験と気づき)を得ております。

今日の収穫は、
「自分のポジショニングは、対戦相手の”マンツーマン”のマークで決まる」ということです。

今までの僕らは、
決められたポジションの何となく自分で決めてしまったポジションのエリアだけをカバーしているに過ぎず、ボールウォッチャーとなっていて、自分たちの意識は攻撃時のことばかりを考えてプレーしていたことです。

フィールドで周りを見渡して「自分しかいない」という状況(相手チームがいない、マークしていない)は、あり得ません。
それを今日は徹底してアドバイスしました。
少しずつですが、今日は感じてもらえたと思います。

攻撃で足りないのは、「落ちついて、周りをみてパスをつなぐ」ということです。
今日の対戦チームは出来ていましたね。

個々への課題は言いましたが、一言でいうと「自信をもって、勇気をだす」がないですね。
「逃げている姿勢」は何とかしましょう。

「身体を強く当てる」「待っていることなく、出ていく」
欲しいです!


今日の試合結果は以下となります。

鑓水ゴラッソ 0対6
上南SC 0対3
なかのガナドーレ1(TM) 0対1

※写真ありません。