今大会では対戦相手が6年生だったこともあり、少し怯(ひる)んでしまったようですね!

6年生とのフィジカル的な差(スピードや体格差)が、気持ち的にも圧倒されたようです。

試合後の振り返りで、皆に感想を聞いてみると、
良かった点:パスが回った、シュートまでいけた
悪かった点:焦ってしまった、パスミスが多かった
などが挙げられました。

悪かった点に共通することとして、
声のヘルプがない為、プレッシャーない状況でも焦って相手にパスしてしまったり、相手がプレッシャー来てるのに気づかずパスカットされるなど、が多く見受けられました。

これらを踏まえて、今後のポイントとして、
①声(とにかく徹底)
②3−2の強化(3つの役割)
 ・ボールマン(しっかりキープして、強いパス)
 ・オフボールマン(ボールマンへの声、スペースへの動き)
 ・DF(プレッシャー、味方Dへの声)
を、昨日の練習会からのテーマとしました。

まだ、昨日の時点では、最後の6年生とのゲームでも声が出せずに終わってしまいました。

どうしたら声が出せるようになるのか?
考えないとダメですね!

声が出せない理由って何なんでしょう?
・何を言ったら良いかわからない?
・マークマン、ボールに集中してしまう?
・仲間に声をかける(サポート)するほどの自分には自信がない?

少し、自分たちでも考えてみましょう。
コーチたちも考えてみます。