失敗を許容し、たくさんのトライアンドエラーを繰り返し、子ども自らが成功体験を重ねることが何より大切なのです。
ただ、時間がかかるんです。
大切なのは、信じて、待つことなのです。