火の鳥FC Liveリポート

大会や練習会での活動内容をLiveで発信していきます

カテゴリ: 観戦

jfa_ph03_homeMainImg

jfa_ph03_awayMain

 日本サッカー協会は12日、日本代表の新ユニフォームを発表した。新ホームユニフォームのお披露目となるのは、同日夜にアウェーで開催されるW杯アジア2次予選・シンガポール戦。現地時間午後7時15分(日本時間午後8時15分)キックオフの試合で、日本代表選手たちが初めて真新しいユニフォームに袖を通すことになる。

 2年ぶりに一新された新ユニフォームは、世界と戦う上で必要とされる“個のチカラ”をデザイン面で表現することを念頭に開発された。カラーリングは日本代表史上最も濃い青を採用。ボディーの前面に“11人の選手の個性”を表す11本の異なる青で構成されたボーダーを配している。中央の赤のラインは12本目のライン。つまり12人目のプレイヤーであるサポーターを表している。

イングランドとの準決勝戦。
屈強なフィジカルを持ち合わせるイングランドに、なでしこJAPANはどう対峙したのか?

試合は、前半戦PKでモノにして、なでしこが先制するも、同じイングランドもPKを得、同点で互いに1-1で折り返す。

後半は開始直後からイングランドペース。
なでしこもGK海堀のファインセーブで凌ぐ。
後半25分に佐々木監督が動く。
岩渕を投入されると、積極的なドリブルで仕掛けに入った。
なでしこにもリズムが生まれてきた。
互いに譲らず延長戦かと思われたロスタイムにまさかの形で勝ち越しゴールをなでしこが奪った。

イングランドは、ゴール前にパワープレーで勝負。
ロングボールをゴール前に送ってきたボールをなでしこがつなぎカウンターへ。
右サイドの川澄がゴール前にクロスをあげる。
これを相手DFバセットが懸命にクリアしたボールがゴールの中へ。
日本はオウンゴールで勝ち越しに成功し、そのまま試合は終了。



日本1-0スイス

前回大会王者の日本は、FIFAランク19位のスイスを1-0で下し、白星スタートを飾った。
前半29分に安藤がPA内でGKと交錯してPKを獲得。宮間がしっかりとPKを決めて先制に成功。
しかし、安藤はこのファウルで左足を負傷して途中交代。
後半は、スイスの猛攻にあうものの何とか1点を守りきり、勝ち点3を獲得した。


【なでしこジャパン・メンバー】
フォーメーション:4-4-2
FW大儀見  FW安藤
MF宮間             MF大野
MF阪口   MF澤
DF宇津木 DF熊谷 DF岩清水 DF有吉
GK山根

交代:前半32分 out安藤 in菅澤
   後半12分 out澤  in川村
   後半45分 out大野 in川澄

このページのトップヘ