火の鳥FC Liveリポート

大会や練習会での活動内容をLiveで発信していきます

カテゴリ: ジョギングクラブ

中2日空けての朝ランです。

日に日に夜明けの時間が遅くなっています。

夏休みの頃は、夜空から白みかかってくるころに「蜩(カナカナ蝉)」が一斉に鳴き始めていたのが、今では秋の虫の声が辺りを響き渡らせています。

朝焼けの空を見上げても、秋空を感じますね!

2学期が始まり、1週間とちょっとが過ぎました。

6年生は最後のイベントが、たくさん控えていて忙しい秋となりますが、小学校も気がつくと、あと半年ですね。いろいろな思いでをつくっていってください。

image2
image1
image


昨日の朝練ロスから気分一新!
今日から自分の朝練を開始。
久しぶりに朝ランコースを走りました。
やっぱり早朝は気持ちいいですね!
まわりの景色は夏の終わりを感じます。

8月の走行距離は190キロでしたので、今月は1.5倍を目指します。


日の出は5時14分
8d8c96f9.jpg



朝日に照らされる八王子盆地
ccae7b60.jpg



一番橋、朝ラン、散歩する人をけっこう見かけます。
5db21eaf.jpg



高幡橋
46b25c6e.jpg



四谷橋、多摩川、浅川、程久保川の合流地点。
e2f1ac67.jpg



程久保川を上がります。
ef668d3d.jpg



高幡不動付近。
93ff30b7.jpg



モノレールも朝日照らされ輝いています。
26e652f7.jpg



カルガモ
fa28b4f8.jpg



最後は中大駅伝選手も走る急坂
394c8c32.jpg


6276b4b2.jpg

eb99175d.jpg

6372749b.jpg

c0a0539b.jpg

838ec80d.jpg

d6f90c04.jpg

f19a1b0c.jpg

17時くらいになると陽が傾き暑さも凌げるようになります。
コソ練していたら、見つかってしまいました!
今、折り返し点で小休止しています。
さて、ココは何処でしょうか?

今日はブログネタがないので、ランニングの話題を・・・


今年の朝練コーチは、なぜか走るのが楽しくて、はしっている。

冬のシーズンが終わった4月から今年は走り始めた。
始めた当初は、からだも重く、直ぐに膝への負担を感じるため、慌てずにゆっくり身体を慣らすことから始めた。

KC4D0066最初の目標は、6月までに徐々に走行距離を延ばし、夏の暑さに耐えられる体力づくりを目的にした。
6月は梅雨時期なのだが、意外と雨の日は少ない。この時季に汗をかく身体ができると夏の暑さに強くなることは、過去の経験からも知っているのでベースをつくる大事な時である。
やはり、7月、8月は暑さもあり、夏休み期間中は朝練を優先するため、走行距離は落ちていったが、9月に入ると気候も良くなり、また、朝練の早起きの習慣から早朝にも走るため、距離がグーンと伸びるようになった。
さすがに以前から履いていたランニングシューズがへたってきたので、少しレベルアップしたシューズを新調。すると、軽くて履き心地も良くなり、モチベーションアップ。
9月後半からの直近の1か月は、走行距離も大幅更新中。

151021001ちょうど今日で4月にランニングを再開してから半年間となり、累積1400キロの走破となった。
昨年も夏休みの朝練から走りはじめて秋季に走ったが、今季の方が走るモチベーションは明らかなに上がっている。
このような感覚は、約10年ぶり。
体重を測ってないが、明らかに減量に成功していることが実感できているところも走るモチベーションに通じている。
走り方のフォームも安定するようになり、膝などを痛めることがなくなった。(これは10年前にはなかったこと。当時は多少無理しても走っていた気がする。)


さて、なぜ走るのか?
自分では、目標を漠然としながらも目的を持って走っていた。

KC4D0065まずは、走ることで「爽快感」を感じるということ。
けっして、ハイペースで走っている訳でもなく、1キロ5分少々のペースで息が上がらないレベルで通常は10キロ弱を走る。
時間に余裕がある時でも17、8キロで疲れが残らないレベルにしていることが、走っていて「爽快感」を得るコツだと思っている。
気分次第でセレクトできるランニングコースがいくつかあることも飽きないためのポイント。
たまには走りにチャレンジするが、走る前から意気込まずに走りながらの気分で行なうので、自分へのプレッシャやストレスを与えていない。

そして、数値目標を置かずに目指しているのは「減量」。
けっこう食べる量は多い方だし、なによりお酒をおいしく飲むためでもある。
体重をはかって記録することは行っていない。これも自分へのプレッシャやストレスを与えないで長続きさせるため。
飲んだり、食べたいときは、走ってエネルギー消費するようにしている。

KC4D0063なので、マラソン大会などに出るという目標もなく、気軽に走っている。
自転車でサイクリング、クルマでドライブするような感覚である。
まわりの景色が歩くよりも少し早いスピードで景色が変わっていくのを楽しむのである。
これは、旅行先でも使うことがあり、時間と荷物に余裕があるときは、かならず行うプチ観光の手段である。
そのためにも、普段から走れる身体をつくって置くのも走る目的の一つだと思う。


でも、
走ることに関しては、冬に向けてのこれからが、最大の難関である。
日も短くなり、寒くなり、運動量が減る一方で、食べたり、飲む機会が増える。
朝も起きれなくなり、走るモチベーションも落ちてくる。
毎年であるが、冬になると体重は増えていく。

今冬、どう乗り切るかがポイントとなってくる。
まだ、今のところはモチベーションはある。
どこまで続くか・・・。

このページのトップヘ